• トップ /
  • マンション購入のローン

リフォーム費用の頭金

マンション購入のローン

マンションの頭金の理想

マンション購入時のローンでは、頭金は1割~2割が理想です。中古住宅を購入してリフォームをする場合にも、それは変わりません。マンションの価格が3000万円なら、300万円~600万円くらいが理想です。マンションの価格が2200万円でリフォーム工事に500万円がかかる場合には、トータルで2700万円となるので、その1割~2割の頭金を用意しましょう。フルローンを組むことも可能ですが、公務員の人や大企業の正社員の人など、属性の良い人でないと難しいようです。リフォームの費用を入れると頭金が用意できなくなるという人は、あえて住宅ローンでリフォーム費用は借りないという手もありますが、金利が上がってしまうのであまりおすすめはできません。審査に通らない場合には、もう一度無理のない返済プランとなっているかシミュレーションをしてみましょう。リフォームローンのメリットは、無担保・無保証で手軽に借りられることにありますが、中古マンションの購入と同時に工事をする場合には、いずれにしても住宅ローンの手続きをしなければならないため、住宅ローンで一緒に借りてしまったほうがメリットが大きくなります。金利が低いことだけでなく、住宅ローン控除を受けられるということも節約につながります。

バックナンバー

マンションの深い情報

↑PAGE TOP