中古の一戸建てのお家探しなら

中古の一戸建て家探し

家探しで中古一戸建てのメリット

家探しをする場合中古の一戸建てが好まれる傾向として新築一戸建てよりも値下がり具合が低い点が挙げられます。一軒家の家探しで中古物件を選ぶ理由の80%近くがその値段の安さで購入に踏み切るとされています。 家探しで中古の一戸建てと新築との値下がり具合が違う決定的な理由として建築費の3割程度が業者の利益である点です。そのため新築購入したらその時点で3割の値下がりにつながっているからです。また新築の方がトータルの金額が高くなる傾向なのも嫌厭される要因になっています。また物件の数があらゆる地域から見ても新築よりも多い点も軍配があがる理由とされます。 楽に選べるのは新築の方ですが中古の一戸建ての場合金銭的に有利さがあります。具体的にはリフォームやリノベーションの組み合わせによって新築以上の効果につながるからです。自分の希望に合わせたこだわりの家を予算に合わせて創りあげることができるのがリフォームやリノベーションに期待できるポイントです。これらは設計の自由度が高いのでそのコストが低くできれば相当リーズナブルな家となります。リノベーションの場合リフォーム以上の快適な効果を生み新築よりもメリットが高くなる点もあります。

家探しの良い情報

↑PAGE TOP